情報
アレルギー対策
介護保険
家具写真
製造工程
施工例
家具写真
会社案内
会社規模
工場設備
地図
TOP
TOPページ
オープニングへ
お問い合せ
問合せ先
Q & A

TOP

会社案内

家具写真

情報

掲示板

お問い合せ

リンク

シックハウスに係わる
建築基準法が改正されました。

 平成15年7月1日からシックハウスに係わる建築基準法の一部が改正されました。



近年、シックハウス症候群と呼ばれる健康障害が大きな社会問題になりつつあります。

この原因が、住宅建材や家具、日用品から発散される科学物質にあるとされ、さらに住宅の気密性が高くなったこともその要因ではないかとされています。

平成15年7月1日から改正された建築基準法が、シックハウス症候群に関連してどのように改正されたのか、少し紹介いたします。



  建築基準法改正の主なポイント

  ・全ての建築物の居室におけるホルムアルデヒド等を発散する
   恐れのある建築材料(17品目)の使用面積が制限がされます。
  ・クロルピリホス(防蟻材)を発散する恐れのある建築材料の使用が全面禁止されます。
  ・24時間換気設備の設置が義務づけられます。(気密性の低い在来木造住宅を除く)


  ホルムアルデヒド発散等級の区分、表記のしかた

法律では第一種、第二種、第三種および制限対象外の4種類に区分されます。
種類 従来表示 新しい表示 内装仕上の制限 ホルムアルデヒドの放散量
制限対象外 F☆☆☆☆ 面積制限なし 5μg/uh以下
第三種 FC0 F☆☆☆ 床面積の5倍*
(2倍)**
5〜20μg/uh
第二種 FC1 F☆☆ 床面積の0.8倍*
(0.35倍)**
20〜120μg/uh
第一種 FC2 表示なし 使用禁止 120μg/uh超
小型チャンバー法による計測となります。

換気回数と☆の数によって居室内床面積に対しての使用できる面積が変わってきます。
* 換気回数0.7回/h以上
** 換気回数0.5〜0.7回/h
  建築物の居室とはどんな所をいうのか

規制される場所(居室) 規制対象外の場所(居室以外)
居間・寝室・書斎・DK・LDK・台所・
押入れ・クローゼット・床下収納等

事務所・体育館・劇場の客室
ホテル旅館の宿泊室・物品販売店販売所

・造作家具や埋め込み式家具
廊下・洗面所・浴室・階段・玄関・
ベランダ等

仕切りなどがなく部屋と一続きになって
いる場合や扉にアンダーカットがある場
合は規制の対象になります。

・持ち込み家具
  建築基準法改正で使用制限された17品目とは

ホルムアルデヒド発散量の評価の対象となる建材一覧
@合板 A木質系フローリング材 B構造用パネル C集成材 D単板積層材 EMDF  Fパーチクルボード Gその他の木質建材 Hユリア樹脂板 I壁紙 J接着剤(現場施工・工場での2次加工とも) K保温材 L緩衝材 M断熱材 N塗料(現場施工) O仕上げ塗材(現場施工) P接着剤(現場施工)
  シックハウスの原因とされている化学物質とは

厚生労働省では現在13の化学物質についての室内濃度指針値を決めており、今回シックハウス対策に関連して建築基準法が改正され、「ホルムアルデヒド」と「クロルピリホス」の二つの科学物質が規制の対象になりしました。近い将来、残りのいくつかの科学物質についても規制がされることと予想されます。

化学物質 指針値* 主な用途
ホルムアルデヒド 0.08ppm の建材を加工するときに用いられる
合成樹脂、接着剤、防腐剤等
アセトアルデヒド 0.03ppm 接着剤、防腐剤等
トルエン 0.07ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
エチルベンゼン 0.88ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
キシレン 0.20ppm 内装材等の施工用接着剤、塗料等
スチレン 0.05ppm ポリスチレン樹脂等を使用した断熱材等
パラジクロロベンゼン 0.04ppm 衣類の防虫剤、トイレの芳香剤等
テトラデカン 0.04ppm 灯油、塗料等の溶剤
クロルピリホス 0.07ppb しろあり駆除剤 (小児の場合は0.007ppb)
フェノブカルブ 3.80ppb しろあり駆除剤
ダイアジノン 0.02ppb 殺虫剤
フタル酸ジ-n-ブチル 0.02ppm 塗料、接着剤等の可塑剤
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 7.60ppb 壁紙、床材等の可塑剤
  *25℃の場合 単位:ppm=100万分の1 ppb=10億分の1


シックハウス症候群とは・・・
 家具や住まいに使われている接着剤や塗料などに含まれる
 揮発性有機化合物が室内の空気を汚染することにとって引き起こされる
 アレルギー反応のことです。
 主に目の痛みや喉の痛み、ときには頭痛や吐き気などを起こすこともあります。


 オカモト建装では従来より健康への影響に配慮し、シックハウス症候群の要因と言われているホルムアルデヒド(ホルマリン)やトルエンやキシレンなどの揮発性有機化合物を取り除いた規格の材料や接着剤などを、いち早く採用してまいりました。
 このたびの法改正に伴い、今まで以上に安心してお使いいただける製品を、みな様にお届けできるようになります。


戻る